一つ言葉にすれば、、、

思いを遂げる、夢をかなえるためには言葉にすることが大事。50代男性の想いを言葉にしていきます。

寒天培地はカビの保養地

ある地域のふるさと納税返礼品として届いたのはフルーツゼリーの詰合せです。

段ボールを開いた時のぎっしりつまって圧倒される感じがたまりませんでした。

さっそく冷蔵庫にしまいました。ドアを開けると一段を埋め尽くす勢いの姿を見ると幸せな気分でした。


一日一個食べていて、10日ほど過ぎたころ表面に異常が現れました。斑点です。

フルーツの種?と一瞬思いましたがこの緑色は・・・間違いなくカビでした。

 

   愕然

 

あわてて一気に食べようにも在庫はまだたっぷりです。

まだ傷は浅かったので表面からカビの周りを切り取って冷凍保存しました。それからは凍った内に表面をよく観察し、斑点があれば切除したのち自然解凍しています。

 

よく考えれば、ゼリーは寒天培地と似ています。
手洗いがちゃんとできているか、などのニュースで見かける菌のテストに用いられるシャーレに入ったあいつです。そうです。ゼリーも同じようにカビが繁殖しやすい環境だったんです。
保存剤無添加のアピールポイントもまたあだになっていました。

 

残りの分はフローズンゼリー?です。
それでも味は落ちていないけれど本来の食感が損なわれました。
送ってくれた産地の方にも申し訳ない気持ちです。

 

失敗でした。
しかし、失敗から学ばなければなりません。
二度は同じことを起こさないように。