一つ言葉にすれば、、、

思いを遂げる、夢をかなえるためには言葉にすることが大事。50代男性の想いを言葉にしていきます。

決意(ブログ開始に当たって)

ずっと考えてきたことがあります。それは退職することです。

気が付けば勤続30年以上、50代後半になりました。

あと3年勤め上げれば定年退職を迎えるという時、ふと立ち止まって考えました。

まだ3年、今の会社にしがみつく必要があるのだろうか。

資産はある程度できました。

数年前から考えて、いよいよ決心したのですがコロナに出鼻をくじかれてしまいました。それを言い訳にして言い出せないままずるずると1年半。

でもやはりこのまま続けてもいいことなさそうです。

これ以上の昇進はなさそうだし、そもそも嘱託で65歳まで延長するなんてまったく頭にありません。

30代と同じ仕事のやり方を続けているのは体力的にもしんどいし、上司との折り合いも、、っと、これは言わないでおきます。

だとしたら、次に始めることが見つけるにも58歳で探した方が60歳で始めるよりいいはずです。

 

「逃げるんじゃない。次へのスタートを切るんだ。」

と言い聞かせても自分への言い訳ですか?

 

実は来週、うちの会社では定年間近の社員向けに退職セミナーが行われます。

これは定年後の生活についてや年金、社会保障などの説明が目的です。

またそれぞれの生活スタイルに合わせた資産運用の相談にも乗ってくれます。

多くの場合、このセミナーで初めて「老後」を意識する社員が多いそうですが、私はすでに数年前から色々調べてきました。投資信託や債券などの資産運用も始めています。

だから今回のセミナーはいわば「答え合わせ」の時間なのです。

またうちの会社では、毎半期ごとに業務目標を定める上司との定期面接が行われます。

10月末今期の面接が迫っています。

セミナーで想定通りの答えを確認した時、それが私にとってのゴーサイン。

いよいよ「退職」の2文字を口にするときです。

 

その日まで、あと9日

-------        ------        ------        ------        ------        ------        ------

退職前後の心のうちや、そこから始まるであろう幾多の出来事。

自分でも予想できないそれらのことを整理するため、また記録として残しておきたいという思いが、このブログを始めたきっかけです。

 

でも、それだけにとどまらず、これからいろんなことを書けたらいいなと思います。

少し落ち着いてからになるかもしれませんが、もともと書くことは好きです。子どもの頃の夢は作家でしたから。

ブログのタイトルは好きなアーティストの言葉「一つ言葉にすれば、一つ何かが変わる」から拝借しました。

発信、発言することで自分の何かを変えていきたいと思います。